不妊の現状

不妊の現状について考えて見ましょう。私の周りにも、不妊治療を検討して見える方が見えます。しかし、簡単に不妊治療に踏み込めない現状もあるようです。それは費用です。不妊治療を行うには、高額の費用がかかります。その多額の医療費が生活を圧迫してしまうのです。


平成16年に不妊治療の経済的な負担を助けるために、不妊治療の一部を助成する「特定不妊治療費助成制度」というのがスタートしています。これは、助成額が1年の上限10万円で利用期間が2年間でしたが、5年間に拡大されています。以上のように話しましたが、実はこれは北海道について。もしお考えの方が見えましたら各都道府県の内容を、しっかりと調べて見ましょう。


基礎体温をしっかりと取り、妊娠しやすい環境をつくり子作りを行う事は大切です。しかし、それでも色々なめぐりあわせでなかなか出来ない事もあります。悲観的にならないようにしながら、多くの手段を検討して見ましょう。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:基礎体温ソフト
次の記事:基礎体温の平均