妊娠基礎体温の排卵

妊娠をするための基礎体温は排卵を理解する事であり、それは低温期の最終日前後2〜3日程度がその時であり、高温期の始まりがその印であるともいえます。そして、妊娠を判断するのはしっかりと検査を行うか、もしくは生理が来ているかどうかで判断する事もできます。生理がきて、ガッカリしたという方も多く見えることでしょう。

排卵に対して、基礎体温で排卵予測をしていくのが基本ですが、妊娠がなかなかできないときなどは、病院にいって卵胞チェックなどを行ってみるのも良いのかもしれません。もしかしたら、基礎体温の結果とは、結構ずれているのかもしれません。無排卵なんて月もでているかもしれませんから、その際は専門医にて排卵誘発剤をつかった治療をしてみるのもいいでしょう。

妊娠のための基礎体温チェックを基本として、さらに妊娠できない際は専門医の方に早めに相談をしてがんばっていきましょう。何事も疑ってみるのも良いですがストレスにならない程度にしてくださいね。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:基礎体温の妊娠高温期
次の記事:基礎体温の計り方