基礎体温で妊娠初期

基礎体温で妊娠初期を判断する事は必要となっています。高温期が続く状態をまず妊娠の第一歩と判断して行きましょう。そして、妊娠後の症状としては、人それぞれではあるのかもしれません。その中でも、言われるのが「おりものが増えた」ということです。

基礎体温で妊娠初期での症状例を見ていきましょう。ある人は、生理予定日頃から軽い腹痛があり一度切迫流産だと診断されています。そして、微熱が続き、胸が張り、気分が悪くなっているという症状がでているようです。基礎体温で妊娠初期の中で、胸が張る事と、おりものが増えた、などが良く聞きます。実際に、今までと違った身体環境になっている方が多くそれが、妊娠初期においての症状であるといわれる方がほとんどです。

言い換えると、妊娠して元気になる方はいないという事です。子供を産むということは非常に大変な事であることが、ここでもわかりますね。妊娠する事の大変さ、そして妊娠した後での大変さ。両方の側面からしっかりと理解しておきましょう。そのようにしておくことで、とっさの事態でも焦らずに対応できる事が出来るようになると思います。一番、身体に悪いのはストレスである。そのことを忘れないようにしておきましょう。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:妊娠兆候の基礎体温
次の記事:基礎体温の高温期体温