子宮外妊娠の基礎体温

子宮外妊娠と基礎体温の活用について学んでいきましょう。まずは、基本的な子宮外妊娠についての知識です。主な原因は、卵管の炎症による腫れ、受精卵に問題が合った場合、子宮筋腫による卵管の閉鎖などになります。基本的な治療は確実性を持たせるため、手術を選択することになるでしょう。

子宮外妊娠は、下腹部に激しい痛みが起こり、不正出血が起こります。卵管内などで受精卵が成長して大きくなったために破裂時に出血が伴った症状が現れます。流産と間違えられる可能性もあり、症状が軽い場合は本当に診断が困難であることが言われています。その為、非常に危険であり、注意が必要です。

子宮外妊娠を判断する上で、基礎体温を計ることが早期発見の一つの方法になります。それは、出血の意味を知るためです。例えば、生理になる前は、低温期になっているので、生理の出血ではないことがいえると思います。そのような状態の判断のために、基礎体温を計る重要性があります。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:着床と基礎体温
次の記事:生理前の基礎体温