基礎体温が高温期で低下

基礎体温が高温期で低下したときは注意が必要です。高温期だと思っていたのに実際に計測してみたら、体温が低い時がこれにあたります。不安になるとは思いますが、焦ってはいけません。ちょっとした事で体温は変化しますから、この程度のことは特に問題が無いことがほとんどです。基礎体温が高温期で低下する時は、さまざまな状況がありますが、前回と同条件で計測されていないことがほとんどだと思います。例えば、前日余り寝ていないなども正確な結果が出せない要因の一つになります。

基礎体温は、季節やその計測状態によって変化することがあります。当然なのでしょうがクーラーを付けた部屋で計測をすれば、体温は下がることでしょう。いつもと違う状態で計ることが合った場合は、記録する時に追加でメモなどをとっていくことをオススメします。

さらに、心配な時は専門医にご相談ください。専門医の方も信頼できる方を選びましょう。お友達にかかりつけの医者の方を紹介いただくのも良いかと思います。何よりも、心配事を少なくするのが大切です。現在、医師の方々も人数が少ないという問題に直面しています。

その為、対応にも苦慮されているそうです。あなたに一番あったお医者様を見つけることが大切になるでしょう。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:基礎体温の日記
次の記事:ウーマンコムの基礎体温