着床時出血と基礎体温

着床時出血とはどのようなことがご存知でしょうか?それは、妊娠にともなって起こる出血のことです。受精卵が子宮内に付着することによって起こるものであった、全く心配はありません。それどころか、妊娠で喜ぶの方が高いと思います。そして、この着床時出血以外にも、多くのどうよな状態になる要因があります。

着床時出血以外の出血を見てみましょう。分類的に、不正出血と呼ばれるものが余り良くない出血になります。例えば、機能性出血。これはホルモンの分泌異常によっておこるものであり、もっとも多いタイプになります。

時期としては、思春期や更年期などによく現れます。次に、排卵期出血。これは、月経と月経の間くらいに起こるもので、中間期出血とも呼ばれることもあります。出血量はとても少なく1〜3日で収まるものです。 これは基礎体温をしっかり測ることで排卵の時期を知り、判断できるものです。あとは病気による出血などが考えられます。

基礎体温を測ることで体の状態を知り、どのような意味での出血なのかを理解して、精神的な負担を少なくするようにしましょうね。精神的な不安が一番良くないですからね。心配であれば、専門医の方にすぐに診てもらいに行きましょう。

風邪から妊娠の症状の悩みから性病、もっと深い悩みまで、
もちろん新型インフルエンザについても現役医師に直接質問できる場所があります。

しかも、病院にいかずに携帯からコッソリと。
こっそり聞けるって重要だと思います。


悩みをそのままにしないでくさい。
「聞いてよかった!」「スッキリした!」と評判のこのサイト。
心配が続くようでしたら試してみてくださいね。
「現役医師に質問できるASKドクターズ」は下のバーコードから、
ケータイバーコ−ドリーダーを使ってすぐに行けます!!
askドクターズ
前の記事:基礎体温が低い
次の記事:基礎体温の異常